本文へスキップ

戦国時代に活躍した数多くの戦国武将たちの情報サイト

戦国時代の英傑たちの生き様は現代でも色あせない

お問い合わせ : info@sengokubusyo.com

戦国武将ランキングgeneral ranking

武将ランキング

戦国時代には数多くの武将がいて、彼らは武芸に秀でていたり知略に抜きん出ていたりと様々な才能を持っていました。
戦国武将ランキングでは、そんな個性豊かな戦国武将をテーマごとにランキング付けしていきます。

スポンサードリンク

戦国時代最強の武将は誰だ?

戦場で己の強さを見せつけることこそ武将の証であり生き様である。
数ある合戦の中でもその強さを余すことなく発揮した「戦神」とも称される武将たちがいた。
彼らの戦いぶりは味方を勇気づけ、敵を大いに恐れさせた。そんな彼らの中で最強の武将はいったい誰であったのだろうか?

戦国時代最高の智将は誰だ?

戦においては兵力だけがすべてではなく、あらゆることに目を配り冷静に状況を判断して決断を下すことが重要である。
智将とはそんな知略によって戦いを優位に運ぶことのできる武将のことである。
それでは、戦国時代最高の智将はいったい誰であったのだろうか?

戦国時代で一番出世した武将は誰だ?

戦国時代には厳しい身分制度がなく、実力さえあれば誰でも出世するチャンスがあった。そのような時代だからこそ大いに出世した武将は多くいたが、
その中でも一番出世したのは誰であったのだろうか?

戦国一の策略家は誰だ?

戦国時代という下剋上の世界で、己の目標のためにどんな手段も顔色を変えることなく実行する。平気で嘘をつき、時には家臣や主すら裏切る。
そんな策略家たちの中で一番優れていたのは誰であったのだろうか?

城作りが最も上手だった戦国武将は誰だ?

応仁の乱が勃発してから新たに城を築くことを禁止した江戸幕府が誕生するまで、
日本中に約3万ほどの様々な城が築かれていた。城は権力の象徴としてだけではなく、合戦における砦として大きな役割を果していた。
その城の設計を手掛けていたのも戦国武将たちであった。
それでは、一番城作りが上手だった戦国武将はいったい誰であったのだろうか?

スポンサードリンク

サイト内検索
戦国時代の武将とは
応仁元年(1467年)に戦国時代の幕開けのきっかけとなった大乱である応仁の乱が勃発してから、元和元年(1615年)の大阪夏の陣で摂津大阪城が落城するまでの約一世紀半の間に、武力・知力・財力などを用い、その名を天下に知らしめた武将のことです。
公式Twitter
尾張の風雲児
織田信長
第六天魔王「織田信長」

日本一の出世男
豊臣秀吉
天下人「豊臣秀吉」

江戸幕府初代将軍
徳川家康
征夷大将軍「徳川家康」

戦国時代屈指の名将
武田信玄
甲斐の虎「武田信玄」

軍神
上杉謙信
越後の龍「上杉謙信」

東北最大の英雄
伊達政宗
独眼竜「伊達政宗」

戦国屈指の智将「毛利元就
天下の傾奇者「前田慶次
秀吉が絶賛した武将「直江兼続
四国統一の猛将「長宗我部元親
本能寺の変の主謀者「明智光秀
戦国最強の武将「本多忠勝
織田四天王の一人「柴田勝家
武田軍の伝説的軍師「山本勘助
戦国屈指の戦術家「島津義久
豊臣が誇る名軍師「黒田官兵衛

スポンサードリンク