本文へスキップ

戦国武将

小早川隆景

毛利両川の一人「小早川隆景」。隆景は毛利元就の三男として生まれた。その後、小早川家の養子となり小早川家を継ぐことになる。兄である吉川元春とともに「毛利の両川」とよばれ、毛利家の繁栄に多大な貢献をした。また、はやくから親豊臣派の立場をとっており、豊臣秀吉の四国平定や九州攻め、朝鮮出兵などで目覚ましい軍功をあげたことで、豊臣政権において豊臣五大老の一員に列せられている。

スポンサーリンク

詳細情報

  • 生没年:1533年?月?日〜1597年6月12日(天文2〜慶長2)
  • 出身地:安芸国(広島県)
  • 肩書き:武将
  • 通称:筑前宰相
  • 幼名:徳寿丸
  • 官位:従五位下、正四位下、参議権中納言
  • 享年:65歳

年表

  • 1533年:毛利元就の三男として安芸国に生まれる
  • 1544年:小早川家を継ぐ
  • 1555年:厳島の合戦に参戦する
  • 1586年:九州攻めに従軍して筑前37万石を手に入れる
  • 1595年:小早川秀秋に家督をゆずる
  • 1597年:三原條で病死

小早川隆景

小早川隆景

スポンサーリンク

スマートフォン版

こちらのQRコードを読み取ることでアクセスできます
サイト内検索
戦国時代の武将とは
戦国武将とは、応仁元年(1467年)に戦国時代の幕開けのきっかけとなった大乱である応仁の乱が勃発してから、元和元年(1615年)の大阪夏の陣で摂津大阪城が落城するまでの約一世紀半の間に、武力・知力・財力などを用い、その名を天下に知らしめた武将のことです。
公式Twitter
戦国武将一覧
尾張の風雲児「織田信長
日本一の出世男「豊臣秀吉
江戸幕府初代将軍「徳川家康
戦国屈指の名将「武田信玄
軍神「上杉謙信
東北最大の英雄「伊達政宗
戦国屈指の智将「毛利元就
天下の傾奇者「前田慶次
秀吉が絶賛した武将「直江兼続
四国統一の猛将「長宗我部元親
本能寺の変の主謀者「明智光秀
戦国最強の武将「本多忠勝
織田四天王の一人「柴田勝家
武田軍の伝説的軍師「山本勘助
戦国屈指の戦術家「島津義久
豊臣が誇る名軍師「黒田官兵衛