本文へスキップ

戦国武将

豊臣軍団toyotomi army corps

天下統一へ突き進んだ「豊臣軍団」

織田信長の跡を継ぐ形で戦国の世を統一することに成功した日本一の出世男「豊臣秀吉」と彼の成り上がり人生を支えた武将たちの紹介をします。

豊臣秀吉

織田信長にその才能を認められて信長の家臣としてその実力を十分に発揮し、結果的に一代で天下人まで上り詰めた日本一の出世男「豊臣秀吉」。続きはこちらから。

竹中半兵衛

戦国時代を代表する名軍師の一人「竹中半兵衛」。「稲葉山城乗っ取り」では、わずか17人で城を手中に収めてしまうという偉業を成し遂げた。もともと美濃の国主である斉藤家に仕えていたが、織田信長によって斉藤家が滅ぼされたため信長の配下であった羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕えることになった。続きはこちらから。

黒田官兵衛

豊臣秀吉から「ワシが死んだ後、天下を獲る男」と言われ、「秀吉に天下を獲らせた男」とも呼ばれる名軍師であり優れた武将でもあった「黒田官兵衛」。もともと毛利家の武将であった官兵衛だが、竹中半兵衛の推薦によって豊臣秀吉に従うことになった。続きはこちらから。

福島正則

豊臣秀吉の配下の中でも屈指の猛将として名を馳せ「福島正則」。賤ヶ岳の合戦では「七本槍」の中でも一番槍として活躍し、見事に敵将を討ち取るという戦功を挙げている。この他の合戦でも数々の武功を挙げており、1595年には尾張にある清州城付近24万石の所領を与えられている。続きはこちらから。

加藤清正

朝鮮での虎退治の逸話を持つ猛将「加藤清正」。幼少時から豊臣秀吉に仕えており、賤ヶ岳の合戦では「七本槍」の一人として活躍した。清正は武将としてだけでなく築城家としても優秀であった。清正が築城を手掛けた熊本城は築城から約300年経ってから起きた西南戦争においても、十分に実践に耐えられるほどの堅固な造りだったのだ。続きはこちらから。
スポンサーリンク