本文へスキップ

戦国武将

東日本の英雄

東日本の英雄では、東日本を舞台にして活躍し、日本中にその名を轟かせた戦国武将たちのの紹介をします。伊達政宗や北条早雲、最上義光などがそうです。

スポンサーリンク

伊達政宗

独眼竜として知られる東北最大の英雄「伊達政宗」。わずか24歳という若さで奥州をほぼ手中に収めることに成功した名将である。片倉小十郎という無二の忠臣を有していたことでも有名。

片倉小十郎

伊達政宗の右腕として有名な名軍師「片倉小十郎」。19歳のときに伊達政宗に仕えることになり、それ以来政宗の右腕として数々の活躍をしている。天下人・豊臣秀吉が小田原の北条氏を攻めた時に、秀吉への臣従を迷っていた政宗を説得したのも小十郎である。この小十郎の働きによって政宗は秀吉との戦いを避けることができたのだ。

北条早雲

下剋上の代名詞「北条早雲」。大器晩成タイプの武将で50代後半から目覚ましい活躍を見せている。最終的には関東をその手中に収めることに成功し、早雲を開祖とする後北条氏は関東を100年にわたって支配した。

最上義光

伊達政宗に並ぶ東北屈指の武将「最上義光」。最上家はもともと山形盆地周辺を治める小豪族にすぎなかったが、それを義光は一代にして57万石に及ぶ大大名にまで押し上げた。

蘆名盛氏

蘆名家の最盛期を築いた名将「蘆名盛氏」。父である蘆名盛舜から家督を相続して以来、周辺諸国へ幾度にもわたって侵攻を繰り返し、仙道や越後の蒲原群などを支配下に置くことで蘆名家を最盛期へと導いた。

スポンサーリンク

スマートフォン版

こちらのQRコードを読み取ることでアクセスできます
サイト内検索
戦国時代の武将とは
戦国武将とは、応仁元年(1467年)に戦国時代の幕開けのきっかけとなった大乱である応仁の乱が勃発してから、元和元年(1615年)の大阪夏の陣で摂津大阪城が落城するまでの約一世紀半の間に、武力・知力・財力などを用い、その名を天下に知らしめた武将のことです。
公式Twitter
戦国武将一覧
尾張の風雲児「織田信長
日本一の出世男「豊臣秀吉
江戸幕府初代将軍「徳川家康
戦国屈指の名将「武田信玄
軍神「上杉謙信
東北最大の英雄「伊達政宗
戦国屈指の智将「毛利元就
天下の傾奇者「前田慶次
秀吉が絶賛した武将「直江兼続
四国統一の猛将「長宗我部元親
本能寺の変の主謀者「明智光秀
戦国最強の武将「本多忠勝
織田四天王の一人「柴田勝家
武田軍の伝説的軍師「山本勘助
戦国屈指の戦術家「島津義久
豊臣が誇る名軍師「黒田官兵衛